TOP審判年度更新手続きの画面で、「対象データは存在しません」と表示される
最終更新日 : 2020/04/16

年度更新手続きの画面で、「対象データは存在しません」と表示される

年度更新手続き画面で、「対象データが存在しません。」と表示される場合、以下の原因が考えられます。

【年度更新手続きの対象者ではない】
→「年度更新手続き」は、登録料の支払いのみを行うメニューです。
ご所属の都道府県サッカー協会から指定されている方のみ、対象となります。
ご自身が対象者であるかどうかがご不明な場合、ご所属の都道府県サッカー協会へお問い合わせください。

※更新講習会やJFAラーニングの申し込みは、「年度更新手続き」ではなく、「講習会・研修会」メニューよりお進みください。

【既に申し込み手続きに進んでいる、または、支払済である】
→年度更新手続きの対象者になっているにも関わらず、「対象データは存在しません」と表示される場合は、既に申し込み手続きに進んでいる、または支払済となっている可能性があります。
「年度更新手続き」メニューの「申込状況」から、手続き途中のものや既に支払済のものがないかをご確認ください。

【年度更新手続きの対象期間ではない】
→年度更新手続きがまだ設定されていない、もしくは既に終了している可能性があります。
対象期間がご不明な場合は、ご所属の都道府県サッカー協会へお問い合わせください。

<注意事項>
更新方法はご所属の都道府県サッカー協会によって異なります。
ご自身の更新方法がご不明な場合は、ご所属の都道府県サッカー協会にご確認ください。
 
 
<各都道府県サッカー協会のお問合せ先>
各都道府県サッカー協会のお問合せ先は、以下よりご確認ください。

47都道府県サッカー協会
https://www.jfa.jp/about_jfa/organization/47fa/